| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手作り食セミナー・その2

手作り食セミナー参加に至った経緯を綴った前回、今回はセミナーの感想を綴ります。

参加者は6名。全員女性、長テーブルを2つくっつけて囲みます。
なんだか会議みたい・・・、そして嫌な予感・・・。
そう、端から自己紹介・・・。でたっ絵文字名を入力してください こんな時、たいがい一番になる私。
支離滅裂な話をし、みんなの完璧な自己紹介を聞くたびに、落ち込んでいきます。。。

今回6名の参加者のうち、3名はペット関連のお仕事をされていました。
食育協会のインストラクターを目指している方もいらっしゃいました。
そしてとても気軽に参加した私・・・。
今回のセミナーは、料理教室みたいなものかと勝手に思っていました。
コピー用紙の資料が渡され、それに補足をしながら読み進めるという内容に、
場を間違えた・・・。と不安を感じつつの参加となりました。

dc0405141.jpg

セミナーは2時間。質疑応答、雑談もあり、結局3時間ほどでした。
私が期待していた実習やレシピはありませんでしたが、なるほど!な内容ではありました。(著作権の関係で、内容を細かく書けませんが・・・)
それとやはり活字で読むより、生の声で実体験なども含めて聞くと、
頭にに入ってきやすいです。
インストラクターの黒沼さんのペットに対する気持ちと、決して押し付けでもなく、
自分の考えはこうだから・・・という話しぶりも好感が持てました。

そもそも私が手作り食にしない理由は、めんどくさいからということよりも、
栄養バランスが心配だからでした。フードの説明には、オメガやなんとか酸やら、
必要な栄養素がた?くさん書いてあります。
手作り食で果たしてバランスよく尚且つちゃんと摂取できるのだろうか?
そう思っていました。
でも、難しく考える必要は無く、人間と同じようにバランスの良い食事を摂っていれば、
大丈夫だそうです。

dc0405126.jpg

それと手づくり食の何よりのメリットは、安心感です。
偽装問題が多い昨今、良さそうなフードでも100%信用することはなかなかできません。
自分が買ってきて食べてるものを与える方が、安心感は高そうです。
それに良さそうなフードはやっぱり高い。手作り食の方が経済的かもしれません。
そんなわけで、自分達の食事の延長上のゴハンというかたちで作っていこうと思いました。
でもフードを完全に辞めるというつもりはありません。
旅行や災害時、忙しい時など、フードは助かるし必要です。
安い粗末なフードはこわいとは思いますが、良いフードだってあると思います。
手作り食にこだわりすぎない、難しく考えすぎない、そう思いました。

dc032028-2.jpg

手作り食を与え始めて2週間の感想ですが、オシッコの量が半端なく増えました。
90%が水分という手づくり食では、当たり前の事であり、体内の毒素を排出する
デトックス効果というのもあるらしいのですが、今までトイレシートでしかオシッコを
しなかったあん豆が、散歩中外でオシッコをするようになりました。
というか、シートだと吸収力が間に合わず、最後足が濡れるので、気持ちが悪いようです。
トレーからはみ出るようにしたり、家でするのを我慢して外でするのを好むようになりました。
これは私的にはちょっとショック・・・。
今までトレーだけがオシッコの場所だったのに、旅先、外出先で、
どこでもしてしまうんじゃないかと不安です。
これから外でもして良い所とダメな所を教えなきゃいけないのかもしれません。
でも今更できるのかなぁ・・・うーん

一難去ってまた一難?新たな問題発生だね。。。
ポチっとよろしく!四葉フレンチブルドッグひろばハチ


スポンサーサイト

| ゴハン | 00:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作り食セミナー・その1

先日、ワンちゃんのの手作り食セミナーというものに参加しました。
会場は横浜市青葉区にあるシアン・シアンというペットサロン。
セミナーといっても定員は5名の(当日は6名でした)、
アットホームな雰囲気の中でのお話です。
ペット食育協会インストラクターの資格を持つオーナーさんが講師でした。

ちなみにこのペット食育協会とは、ペットの食に関する知識を習得し、
ペットの食事を飼い主が自信を持って選択できる判断力を身につけるために
必要な情報を普及することを目的としている。また更にペットの食事を通じて
飼い主さん自身の健康も見直す「食育」の知識を普及しようと今年1月に設立された協会。
手作り食といえば有名な『愛犬のための手作り健康食』の著者、須崎先生が会長です。

dc041768.jpg

少し前に横浜のベイクオーターでオープニングイベントがあり、このフレブルひろばでも
参加されて記事にされてた方も多くいらっしゃいましたね。

以前に記事にもしましたが、我が家のゴハンはフードにトッピングです。
冷蔵庫にその時ある野菜を煮込んで、フードにかけてふやかして与えています。
特に問題はありませんでしたが、トッピングで与えて良いもの、
悪いもの、野菜以外にも与えてあげたら良さそうなもの、なんだろう?と思い、
参考の為手作り食の本を購入してみることにしました。

本を買ってみてびっくり。活字だらけ、白黒です。
カラーのレシピ本みたいのを勝手に想像していました。
でも読んでみると以外とどんどん読めちゃいます。
手作り食というのものに対しての抵抗感もなくなりました。
だって、今与えているゴハンの主食がフードからお米に変わるぐらいな感じなのです。
手作り食というと、お肉を取り寄せたり、ミキサーやミルを使って、
いろんな知識を持ちながら作ってあげなければいけないという印象を持っていました。
でもそれは手作り食が慣れてからの話で、その後は個人の考え次第。

そんなわけで、主食をお米にしたおじやのようなものを朝ゴハン、
夜は今までの通りフードというかたちで、半々で試してみることにしました。
実際つくってみると、こんなんでいいのかな?と不安になってきます。
本に載っているレシピは文字なので、写真がないんですよね。。。
お水の量も適量と書いてあるし、お米がトロトロになるまで煮込むとか、
人間のゴハンであれば見た目と味見でどうにでもなるけど、
手作り食の見た目って?だし、味はとても薄いものだし、今まで食べたこともないから
わからない。実際出来上がりも毎回違い、かなりオリジナル感を感じます。

そんな時手作り食セミナーを知り、会場が知っているペットサロンだったこともあり、
やっぱ実際プロに習ってみよう!と、参加することにしました。
長くなってしまったので、セミナーの感想などつづきはまた今度。

最近のあん豆。鼻の横のできものが、だいぶ小さくなってきました☆

dc041764.jpg

できもの小さくなったね、ポチッとよろしく!四葉フレンチブルドッグひろばハチ

| ゴハン | 23:08 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴハン

ゴハンを食べる時のあん豆。なぜかいつも後ろ足がピーンと伸びる。

dc022108.jpg

休むことなくガツガツ食べる。
器からはみ出たゴハンもしっかり食べる。

dc022107.jpg

ごちそう様。

dc022113.jpg

このピカピカに光った器を見ると、いつもうれしい気持ちになる。

dc022114.jpg

ちなみにあん豆のゴハンはeateatのプレート1というドッグフード。
国産であること、無添加であること、お肉が魚系であることをこだわって探し、
うちのこわんわん!という通販サイトに辿り着きました。

ここは、ドライフードにひと手間かけることをオススメしている。
ドライフードを主食のお米と考え、野菜や肉などをトッピングして与える。
フードはぬるま湯で芯までふやかしてあげる。

そんな考えにも共感し、冷蔵庫にある野菜を細かく刻んでお鍋で煮て、
その煮汁を使ってフードをふやかし与えている。
(たまにお魚やお肉、生野菜を混ぜることもアリ)

去年の年末あたりからこのフードを与えているが、
ウン○の状態が驚くほど変わった。
黒っぽくて、小さくコロッとしていて、匂いもほとんどない、
ちゃんと体に吸収されてるってことなのかな?良い方向に捉えている。
あん豆もすごく喜んで食べてくれるので満足している。
でもまた湿疹が出たり、何かあると考えも変わってくるだろう。。。

しかしこのフード、ひとつ難点が・・・。
かなり魚臭いです・・・泣き笑い


ゴハンは永遠のテーマだよね、ポチッとよろしく!
さんまフレンチブルドッグひろばさんま

| ゴハン | 00:25 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。